歯の健康をいつまでも守るために、歯医者に行こう。

歯の為に

歯の健康はオーラルケアが鍵を握っています。定期的に歯科医に通うことで、白く美しい健康的な歯を保つことが出来ます。歯石を除去することで歯周病や虫歯を除去することが可能になります。

専門性の高い歯科

矯正歯科は通常の歯の治療を比べると高額ということから、じっくりと検討をする必要があります。専門性の高い矯正歯科に治療をしてもらうことで、周囲に知られない矯正をすることも可能になりました。

口内の衛生状態

口の中の衛生状態を維持して肺炎を予防する

高齢者の死因の中で肺炎が順位を上げてきており、その中には飲み込み誤りを原因とする誤嚥性肺炎というものがある。誤嚥性肺炎は、飲み込み誤った食物が、口腔内の雑菌とともに肺に入り、それによって炎症を起こすものである。逆に言えば、口腔内の雑菌を減らすことが出来れば、誤嚥性肺炎のリスクを軽減することができる。 そのためにはオーラルケアを行い、口腔内の衛生と湿潤の状態を維持する必要がある。通常の歯磨きなどでは、口腔内の衛生状態を完全に維持することは難しい。歯科医師や歯科衛生士による専門的なオーラルケアを受けると同時に、自身でも行うことができるよう指導を受けることが望ましい。今後、高齢者が増加していく中では、そうしたオーラルケアの実施や指導がより一般的になっていくのではないだろうか。

オーラルケアは多種多様な方法がある

オーラルケアと言っても、単純に歯磨きをすることだけではなく、口腔内全体の衛生状態に気を配らなければならない。歯茎や頬の内側、舌や口蓋と言われる口の天井など、口腔内のすべての部分をケアする必要がある。 基本的には歯ブラシでケアすることが可能であるが、力加減を誤り口腔内を傷つけてしまうと、逆にその傷口から雑菌が繁殖する可能性がある。市販されているスポンジブラシや舌専用のブラシなどを使用することで、より安全にオーラルケアをすることが出来る。 このように、特別な物品を使用することで、より良い衛生状態を保つことが可能である。どういった物品を用いて、どういった方法でオーラルケアを行うかは、専門家に指示を仰ぐのがいいのではないだろうか。

長持ちする歯

インプラントは治療費が高額ながらも、歯を綺麗な見た目に保つ為には必要な治療方法です。保険が効かないという難点もありますが、差し歯などと異なり、ダメージが低い治療方法になります。

比較をする

矯正は見た目が気になる方にとっては、不安になる治療方法ですが、矯正歯科によっては透明な器具を使用して矯正をしてくれるところもあります。治療費や歯科医院の雰囲気を比較して選ぶようにすると良いでしょう。

元気な歯

歯は一生付き合っていくものだからこそ、メンテナンスが重要になってくるでしょう。若い頃から継続をすることで、歯周病や虫歯になりにくい歯を維持することが可能になります。歯医者で医師や歯科衛生士に診てもらいましょう。